【1】概要
・AudioPur社のリボンツィータ、RT7040-03を採用したアドオンスーパーツィーターシステム、ペアです。
i-img960x720-1656553744vzxrik96436

・ローカットコンデンサを簡単に交換できる機能付きですので、システムチューニングが正確にかつ簡単に出来ます。
・また、取付金具マウント方式としましたので、任意の角度に変更可能です。
・これにより指向性を制御できます。
・AudioPur社のURLは下記の通りです。
https://www.audiopur.ch/
・使用中のシステムに追加すると40000Hz以上の超高域まで再生されます。
・SACDなどのハイレゾ対応になるだけでなく、既存のアナログレコード、CDも高域が滑らかになりさわやかな音になります。
・特に、ビンテージのフルレンジユニットや2Wayシステムへの追加も効果が高いと思います。
・音量調整用のアッテネータ付きですのでメインスピーカーとのレベル調整が容易です。
・リボンツィータユニット、ほかすべての部品は新品を採用しています。
i-img1200x900-1656553756l51dxx1096453
i-img1200x900-16565537573ahjto270708
i-img1200x900-1656553757csuu3q92153

【2】ユニット仕様:
・型式:RT7040-03
・画像7にオリジナルカートンに印刷されている正式仕様データを示します。
・方式:リボン
・外形:100mm直径
・インピーダンス:8オーム
・定格入力:15W
・能率:92db/W
・再生可能周波数:約7000~40000H以上(2.2μFローカットフィルター通過後)
・ユニット単体周波数特性:1500~40000HZ以上
・状態:新品、良好。
・クロス用コンデンサ:2.2μF、オーディオ専用メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサ
・音量調整:アッテネータ付き
・接続方法:メインスピーカー入力端子、またはアンプの出力端子からケーブルを出し本システムの入力端子につなぐだけです。
・クロス周波数変更機能:1.0μF、2.2μF、3.3μF、4.7μFのフィルムコンデンサをそれぞれペアで同梱します。これでクロス周波数を設定することが可能です。
・変更方法:画像8の通り、2端子にコンデンサを設定すればOKです。+のスクリュードライバだけでOKです。
・ユニット固定は取付金具マウント方式としましたので、任意の角度に変更可能です。
・これにより指向性を制御できます。
・スタンドサイズ:幅120mm、高さ130mm、奥行き150mm
・材質:15mm厚のムク上級グレードパインの集成材
・外装:100、240番のサンドペーパーで研磨し、次にメディアムウォールナットオイルと600番のサンドペーパーで繰り返し研磨し仕上げています。
i-img1200x900-1656553757vrhsp693158
i-img1200x900-1656553757lzgs3r270722
i-img1200x900-1656553757buppht272757
i-img1200x900-16565537575mqime324988

【3】音:
・以下は主観ですのでご承知おきください。
・Telefunken、Grundig、Klangfilmの20cm口径シングルユニットフルレンジシステム、およびRFTの2Wayシステムに追加しました。
・追加時はあまり大きな音には聞こえませんが確実に音質は向上するものと思います。
・音の見通しが良くなりさわやかになります。
・SACDの「アートペッパーミーツリズムセクション」、ソニーロリンズの「サキソフォンコロッサス」を聴きました。
・60年くらい前の録音ですが、最近の録音のようにクリアな音を聴くことが出来ました。
・通常のツィータが付いた2~3Wayに追加しても効果が実感できます。
・クラッシックの弦主体の演奏でも高音がきれいに伸びますのでステージの大きさ、奥行きが良くわかるように感じます。
・ビンテージスピーカーに追加し、ハイレゾ音源を入力した場合、音が柔らかくさわやかになることが確認できます。
・能率は高いのでほとんどの中小型スピーカーシステムに効果が出るものと思います。
i-img960x720-1656553753swulv4272767

【5】測定データ
・出品システムの測定データを示します。
i-img960x720-1656553761dgzie493164

・コンデンサの容量は2.2μFです。

[測定環境説明]
・測定用マイク:スタジオ仕様の高性能測定用コンデンサマイク
・スピーカー~マイク位置:50cm 
・スィープ:20~20000Hz正弦波
・赤い線が周波数強度分布です。

[特性の感想]
・左右の特性、能率はよく揃っています。
・6db/OCTローカットフィルターですので6000Hzくらいからだら下がりになります。
・当方の信号発生器の性能制約で18000Hz程度までしか表示されていませんが、実際は40000Hz以上まで再生しています。